※ 給付金を受け取るためには、手続きが必要です。
世帯主に11/28付で発送予定となります。

事業の目的

印西市物価高騰対策臨時特別給付金事業は、
印西市が長期化するコロナ禍に加え、食料品・日用品・燃料等の多岐に渡る
物価高騰に対し、市民の家計へのきめ細やかな支援を実施することで地域経済
への負担軽減を図るため、印西市独自の支援策として
市民1人当たり5,000円を給付いたします。

事業概要

給付対象者

令和4年10月31日現在(基準日)において、市の住民基本台帳に記録されている方を給付の対象とし、
その方の属する世帯の世帯主に印西市物価高騰対策臨時特別給付金(以下「給付金」という。)を給付します。

基準日の考え方

下記の日において、印西市の住民基本台帳に記録があった方が給付対象者となります。

基準日 令和4年10月31日(月)

10月31日が異動日の「死亡」「出生」「転入」「転出」については、以下の通りとなります。

・「死亡」

× 受給できない

・「出生」

〇 受給できる。

・「転入」

〇 受給できる。(10/31に本市の住民となるため)

・「転出」

× 受給できない。(10/31に他市町村の住民となるため)

※ただし、11/1以降に亡くなられた方のうち、「単身世帯」かつ「亡くなられるまでに手続きをしなかった方」は
相続人であっても手続きすることはできません。

給付金額

市民1人につき5,000円

手続き期限

確認書提出期限:令和5年2月28日(火)(当日消印有効)【期限厳守】

給付金の振込時期

市が確認書を受理した日から3~4週間程度が目安です。
振込通知は送付しませんので、ご確認は通帳記帳などによりお願いします。
給付金は「インザイシブツカコウトウキユウフキン(ドクジ)」の名称で振り込まれます。

給付を辞退される場合

確認書の【私の世帯は給付金を受給しません□】欄の□に×印をご記入いただくか、印西市物価高騰対
策臨時特別給付金コールセンターにご連絡ください。

給付金を装った詐欺にご注意!!

給付金を装った特殊詐欺や個人情報の搾取にご注意ください。
市役所職員が給付金の支給にあたり、ATMの操作をお願いしたり、現金の振り込みを求めること等は絶対にありません。
不審な電話や郵便物があった場合は、警察署や警察相談専用電話(#9110)に連絡してください。

給付までの流れ

給付金を受け取るためには、手続きが必要です。

「印西市物価高騰対策臨時特別給付金」給付までの流れ

1.市から対象者へ確認書の送付

対象者
令和4年10月31日現在(基準日)において、印西市の住民基本台帳に記録のある方

送付物:
・給付金に関するお知らせ
・確認書
・チラシ
・返信用封筒

2.確認書へ必要事項の記入および返送

※世帯毎の手続き(世帯主名義の口座へ振込)となります。

提出期限
令和5年2月28日(火)

手続きについて

下記の2つの方法(郵送方式、ちば電子申請方式)のいずれかで手続きしてください。

1.郵送方式 【「物価高騰対策臨時特別給付金受給要件確認書」を返送する場合】

世帯主の方は、「物価高騰対策臨時特別給付金受給要件確認書」表面の「確認日」・「電話番号」・「署名欄」に記入してください。

  • (1) 「印西市特別定額給付金の振込先口座」を受取口座に利用する場合

    • 確認書(下段)に記載されている「印西市特別定額給付金の振込先口座」の金融機関名・支店名・口座番号・口座名義人等を
      確認してください。
    • 「受取口座に印西市特別定額給付金の振込先口座を利用することを承認する」欄の□にチェック(レ点)を記入してください。
    • 確認書は内容(振込先等)を確認して、市に返送してください
  • (2) 「印西市特別定額給付金の振込先口座」以外の口座を受取口座にする場合・受取口座の記載がない場合

    • 確認書の裏面に受取口座を記入してください。
    • 受取口座の確認書類(金融機関名・支店名・口座番号・口座名義人等が分かる通帳やキャッシュカードいずれかの写し)を
      提出してください。
    • 本人確認書類(マイナンバーカード・運転免許証・パスポート等いずれかの写し)を提出してください。
    • 確認書に必要事項を記入して、確認書類と一緒に、市に返送してください

2.ちば電子申請方式

ちば電子申請サービスで手続きを行う場合は、二次元コードから手続きができます。

  • 二次元コードもしくはURLから手続きをしてください。
  • 記入いただいた「物価高騰対策臨時特別給付金受給要件確認書」の写真の添付が必要となります。
  • 「印西市特別定額給付金の振込先口座」以外の口座を受取口座にする場合・受取口座の記載がない場合は1.(2) に準じて
    受取口座の確認書類と本人確認書類の写真の添付が必要となります。

※上記2つの方法の両方で手続きしてしまうと確認のため支給が遅れてしまう場合がありますので、どちらかでお願いします。

※ 確認書控えはお渡ししておりませんので、事前にコピー等を取っておいてください。

3.確認書の記載/給付金額の確定

市民の皆様に安全且つ確実に給付金をお届けするため、
確認書の記載内容、添付書類の確認などに一定の時間を要します。
あらかじめご理解、ご協力をお願いいたします。

4.指定口座へ振込

世帯毎に世帯主名義の口座へ振込となります。

給付金の振込時期

市が確認書を受理した日から3~4週間程度が目安です。
振込通知は送付しませんので、ご確認は通帳記帳などによりお願いします。
給付金は「インザイシブツカコウトウキユウフキン(ドクジ)」の名称で振り込まれます。

配偶者からの暴力(DV)を理由に避難している方の支援について

配偶者の暴力を理由に住民票を移さずに避難し、配偶者と生計を別にしている方で、一定の要件を満たし、申出手続きをいただいた場合は以下の措置が受けられます。

詳しくは以下をご確認いただくか、コールセンターにご相談ください。

受けられる措置

  • 世帯主でなくとも、同伴者の分を含め手続きを行い、給付金を受け取ることができます。
  • 手続きを行った方とその同伴者分の給付金は世帯主(配偶者等)からの手続きがあっても支給しません。

対象となる配偶者からの暴力を理由に避難している方の要件

以下のいずれかの要件に該当すれば対象となります。

  1. 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律に基づく保護命令を受けていること
  2. 婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センターの確認書が発行されていること
  3. 基準日の翌日以降に住民票が居住市町村へ移され、住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置の対象となっていること

手続きについて

以下の「物価高騰対策臨時特別給付金受給に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書」に必要事項を記載し、確認書類として、以下のいずれかの書類を添付する必要があります。

  • 保護命令決定書の謄本または正本
  • 婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書やDV被害申出確認書

申出期間

令和4年11月15日(火)~令和4年11月30日(水)

※申出手続きとは別に確認書の提出が必要となりますのでご注意ください。

※上記申出期間後も申出は受付けますが、すでに世帯主からの手続きが済んでいる場合は上記措置にて給付金を受け取ることができなくなってしまいます。

申出をされる方はお早めに手続きをお願いいたします。

申出書

以下の申出書をダウンロードしてください。
ダウンロードが困難で郵送を希望される方はコールセンターにご連絡ください。

印西市物価高騰対策臨時特別給付金
コールセンター

0476ー42-5116 受付時間 8:30~17:15(※土日祝12/29~1/3除く)

※電話がつながりにくくなることが予想されます。
その場合は、時間をあらためてお掛け直しください。